fc2ブログ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ シニアライフランキング

…………………………………………………

心療内科の「家族教室」に参加

  • 2019/10/24

  • 前回の「家族教室」で懲り懲りしたので、もう二度と参加しないつもりだったけど。
    「家族教室」に参加してみました
    今回は医師によるセミナー、その内容が「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」だったので参加してきました。

    ADHDとは多動性(過活動)、衝動性、不注意を症状の特徴とする発達障害の一種です。

    脳の機能的異常から生じる先天性の障害と考えらていて、成長とともに落ちつく場合もあるけど、大人になっても症状が続く人も多く、近年は「大人のADHD」が注目されています。

    子供の頃にADHDの診断が一切なくても、大人になってまわりとうまく付き合えない、仕事が続かない、生き辛いなどの症状で初めて診断される場合もあるそうです。

    ADHDの有病率は子供で5.29%、成人で1.65%。

    ADHDを単独で持つ人は少なく、配合の割合は色々だけど、娘もその1人で、ADHDとASD(自閉症スペクトラム)と診断されてます。
    (ムスコはASDだけど、8:2くらいの割合でAHDHの傾向もありそー)

    ADHDで、子供の頃目立つ症状は「多動性」。(落ち着いて座っていることが難しいとか)
    大人になってからは「衝動性」、「不注意」が際立ってくるそうです。

    「衝動性」としては、思ったことをすぐに口にしてしまってトラブルになる、衝動買いをしてしまう。
    「不注意」では、仕事でミスが多い、忘れ物、なくしものが多い、時間管理が苦手など。


    娘の場合特に、時間管理が苦手、というのが当てはまっているように思います。

    予定はだいたい2ヶ月前から立てる。
    出掛ける準備は5時間前から。

    結局、ADHDを「治す」というのは難しいこと。
    「治す」のではなく自分を知って、生活に支障をきたしている部分を見直す事が大事ということ。

    娘もそうですが、自分なりの工夫や対策を考えて努力しています。

    家族も対応困難と感じることも多いです。
    出来ることは、”合わせる”ことですかねぇ。

    うまく言えないけど。^^;

    そして、セミナーのあとは、またもやグループワークでした。
    これが嫌だったのよーー。(><)

    「家族として困ってることはございませんか、何でもいいですよ」。
    と一人づつ意見を聞いてくる。

    そしてそれに対しての意見交換。
    私も場の空気に合わせて、ちょっとだけ発言しましたが・・・。

    医師、看護師、精神保健福祉士、作業療法士、臨床心理士さんも参加していたので、プロフェッショナルな意見も聞けたのはよかったかな。



    関連記事

    *ランキング参加中*応援して頂けると嬉しいです(^^)

    にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ シニアライフランキング

    *しましまネコをフォローする

    シングルおばさん、ニート息子と節約2人暮らし - にほんブログ村

    ↓ブログ2号、家呑みブログです^^

    burogu_1.jpg

    スポンサーリンク

  • コメントの投稿

    非公開コメント

    広告

    プロフィール

    しましまネコ

    Author:しましまネコ

    60代離別シングル、乳がんサバイバー。発達障害の息子と気楽な2人暮らし。
    2014年に左胸切除、抗がん剤、ハーセプチン、ホルモン治療を経て現在は半年に1度の検査のみ。
    お酒が大好きで毎日呑んでます♪

    スポンサードリンク
    カレンダー
    01 | 2024/02 | 03
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 - -
    カテゴリ
    検索フォーム
         
    PVアクセスランキング にほんブログ村